2003/10/18




Honey-Beeも3回目の登場。このように定期的に出演できるという事は本当にシアワセな事である。そして音楽に対する取り込みや気持ちいうものがメンバーそれぞれも変わってきている。いい意味で気持ちが充実してきています。毎回悩むのは選曲。いかんせん、練習時間が少ないので新曲を練習があまりできない。曲数も多いし1回のリハーサルでは全曲練習もできないのだ。今回、演奏した曲もほとんど練習していないで本番にのぞんだ曲も数曲ある。メンバーからあがってくる曲もマニアック系な曲が多く、誰でも知ってる曲をもう少し取り入れたいですね。それからオリジナルも必ずその内に披露しますのでご期待ください。

1stステージ:

Lukeはボンゴやボンゴのスタンド、ウッドブロック、たまごシェーカーetcなど小物を沢山用意していた。やっぱり、パーカッションが入るとホントにいい!演奏していて楽しいし、盛り上がるよね。年末にイギリスに帰ってしまうのは残念。さてステージでの演奏ですがJeff Golub
なんて人の曲もやっている。彼はロッドスチュアートのバンドでギターを弾いていた男だが、Jazz系でも有名らしい。これはBassのHiroshiからの選曲。それからRadicals初のシャッフルのリズムに挑戦した101shuffle.チックコリアバンドで参加していたDave Weckleのアルバムからの選曲です。サックスとギターの掛け合いが楽しい。結構難しかったですけどね。サックスのBrettの選曲はオーストラリアのバンドでDig direction in groove。このバンドはBrettのお気に入りでオーストラリアでは有名らしい。この手のサウンドはRadicalsは得意なのだ。それから、Brettが崇拝するケニーギャレットの2step。ケニーギャレットはサックスはソウルフルで特徴があり、とてもかっこいい。ワシもケニーのサックスは大好きだ。

2ndステージ

第2ステージの1曲目はBrettがトイレからサックスを吹きながら登場。そしてハワイのカラパナのBlack Sand。ハモリによるメロディは美しくまさしく湘南サウンド。海で聞く曲としては最高です。多分、BGMとしてよくかかってるので、みなさんも一度は聞いた事あるのでは?今回頑張ったのがBassのHiroshi。マーカスミラーのアルバムよりRun for cover。(この曲はケニーギャレットが参加している。)これがすごくカッコイイ曲でスラップベース(チョッパー)ばりばりのなのだ。32ビートの曲でベースソロもあり、難易度も高い。いやはや、HiroshiのベースPlayはグレートでした。ステージも中盤になるとリンボータイム(笑)今回は景品にRadicalsTシャツも用意しましたあ。もちろん今回もリンボーダンサー、タッチーの登場です。(ラスタのカツラで登場)リン棒?を巧みに操り軽快に踊る。そして、椅子の上にティシュを積み上げ高さ調節。ティシュは高さ調節に使う重要なアイテムなのです。のりのりで踊った後は参加者ともにリンボー。参加者のノリもすごくて、みんな大笑い。ながーいリンボータイムでした。タッチーはすごく低いところまでリン棒をクリア。さすがリンボーダンサーです。スゴイ!(笑)最後はアースの曲でファンタジー。アースの曲は昔からやりたかったんだよねえ。後半はギターソロを弾きまくってしまいました。

アンコール

アンコールから今回のスペシャルゲストとしてOliverがギターで参加。彼はLukeの従兄弟で、イギリスから遊びにきていた。BBCに勤めていて番組制作の編集者なのだ。ロンドンでもバンドを組んでるらしい。背が高く巨人のようにでかかった。すごくナイスガイでしたね。そして、とうとうLukeが歌う!!!Lukeは今回のGigで歌う喜びを知ってしまったらしく、次回も多分歌いまくるでしょう。(笑)最後はThat's the Wayでダンシングタイム。みんなノリノリで踊ってくれてほんとに盛り上がりました。今回の演奏も全18曲。我ながらよくまあこんなに沢山演奏しましたなあ。


1st Stage

1.  Pick Up The Pieces  @ Average White Band
2.  Taylor’s cube  @Dig direction in groove 
3.  Cantaloupe Island  @Harbie Hancock
4.  2step  @Kenny Garrett
5.  Doin’ something  @Soulive
6.   Lost weekend  @Jeff Golub
7.  Spain  @Chick Corea
8.  101Shuffle  @Dave Weckle

2nd Stage

1.  Black sand  @Kalapana
2.  Pythonicity  @Dig direction in groove
3.  Wayne’s thang  @Kenny Garrett
4.  Run for cover @Marcus Miller
5.  Tequila  @Unknown
6.  Blue Lagoon  @TAKANAKA Masayoshi
7.  Fantasy  @Earth Wind & Fire

3rd Stage

1. Play that funky music white boy  @Wild Cherry
2. Aeroplane  @Red hot chilli peppers
3. That’s the way  @KC&Sunshine Band