2004/7/3



地域限定な話題なので地元民にしかわからないと思うけど、鎌倉ケーブルTVの5チャンネルで
大船的音楽館という番組がるある。
前のレポートにも書いたように、ジョー山名&ミッキー吉野もこの番組で演奏しておりその場所がHoneyBeeだったのである。
実はHoneyBeeと鎌倉ケーブルTV共同で作成している番組だったのだ。
この大船的音楽館はプロミュージシャンだけでなくアマチュアも出演している。
そーなのだ!やはりRadicalsもこの番組にいつか出演するぞ・・・・、
いあやああ、出れるといいなあ・・・
うーん、お願い出させてマスター(笑)
ただ、諸事情があって今は撮影をほとんどしていないので、
出れるとしても来年春以降の撮影&放映です・・・


というこのでRadicals at HoneyBeeの夏場所の本題に入ろう。
まず、メンバーの紹介。いつものBrett,Hiroshi,Onoda,Ken,JFNに加え、
ゲストボーカルのMisako、Kiyoshi,
それから、今回はパーカッションとしてTaekaが参加してくれた。

彼女は音楽学校のドラム科を卒業しており、打楽器に関しては専門家。
なんと彼女は自前のコンガを持っているのだ。
コンガちゅーのはあーた、デカイんですよ、ボディが。
ボンゴは片手で軽々持ち上げる事のサイズだがコンガはそーゆわけには
いかない。両手でかかえこまなきゃいけないようなボディが2本。
マグロ2本、これをライブに持ち込んだのですよ。
これがまた、ステージ映えするんんだなあ。
そこに、Onodaのボンゴを加えるとそれだけで
やる気まんまん!ってカンジになるのだ。
実際、彼女の叩くパーカッションはリズムのバリエーションもあるし
グルーブもある。そして何よりも楽しそうに叩く姿はとても好感がもてる。

今回も本当に沢山のお客さんがきてくれました。
これがマジに嬉しい。
いつも思うのだが、お客さんがきてくれないと
我々はあのステージに立つ事ができないのだ。
みなさんが来てくれる事に対してまぢに感謝なのだ。


第一ステージは従来から演奏しているファンキーなナンバーを披露。
Misako、Kiyoshiが加わってくるのだが、彼ら二人とも前回よりも数段よくなっている。
やはり雰囲気に慣れたというのもあるのだろうけど、ほんとよかった。
第二ステージのオープニングは太陽に吠えろ。そーです、あの刑事もんの番組の有名なテーマ曲です。
あーやって演奏するとあの曲もかっこいいでしょ?

Misakoの歌ってくれたAm I the same girlはKiyoshiがコーラスをつけてくれて
すんげえ、雰囲気がよくなった。
このようなシンプルな曲はRadicalsにとってはとても新鮮なのだ。
またキャロルキングのIts too lateも、エキゾチックな雰囲気でいいのだなああ。
Kiyoshiはこの日は仕事仲間が沢山きていたのでとても気合が入っていた。
MisakoもKiyoshiも一度歌いだすと、完全に自分の世界に入ってる。
それがまたすごくいいのだな。やはりボーカリストはそーでなければイカン。
ステージ後半になってくると、パフォーマンスタイム。
そう、リンボータッチーの登場!

約半年振りの登場の彼だが、今回はさらにパワーアップ。
リンボーを踊るまえに細長い風船を膨らませて、ごにょごにょごにょと
捻って・・・・・プードルちゃんの出来上がり!
うーん、さすがタッチーじゃん、ブラボー(笑)
リンボーダンス参加希望者続々登場!
会場中、大盛り上がり状態になったのだ。
いやああ、こんなライブ事やってるバンド他にないっしょ。(笑)

アンコール曲にはアースのセプテンバー。
もうこの曲は踊る定番曲。
紅毛碧眼人達を筆頭に会場中は踊りまくり状態。
ほんと盛り上がったねえええ。